HOMEHOME「カスピ海ヨーグルト」とは「カスピ海ヨーグルト」とフジッコ

「カスピ海ヨーグルト」とフジッコ

Caspian Sea Yogurt カスピ海ヨーグルトとは?

カスピ海ヨーグルトとフジッコ

家森幸男博士 奥平武則 カスピ海ヨーグルト

家森幸男博士
(武庫川女子大学国際健康開発研究所所長)(左)と
奥平武則(フジッコ株式会社専務取締役)(右)

カスピ海ヨーグルトとフジッコ1

  • 2002年11月 頒布を開始 2002年 初代カスピ海ヨーグルト手づくり用種菌のパッケージ
  • 2005年11月 100万セット突破
  • 2006年4月

    NPO法人「食の安全と健康ネットワーク」からフジッコへ種菌の頒布事業を引き継ぎました。

  • 2007年10月

    100万セット突破した日を記念して11月18日を「カスピ海ヨーグルトの日」と制定いたしました。

  • 2011年11月 300万セット突破

2002年、家森博士は、ジョージア(旧グルジア)から研究のために持ち帰ったヨーグルトを日本の人たちにも安全にお届けしようと、NPO法人「食の安全と健康ネットワーク」とフジッコにこのヨーグルトの頒布について協力を依頼されました。
それまでにフジッコと家森博士とは、大豆の健康成分・イソフラボンについて長年にわたり共同研究を行っておりました。また、フジッコでは漬物や納豆・ナタデココなどの発酵食品を開発し、バイオ技術を蓄積しておりました。そこで、フジッコは、日本人にもこのヨーグルトの健やかさを届けたいという家森先生の強い想いに賛同し、このヨーグルトから「クレモリス菌FC株」を分離・純粋培養して「カスピ海ヨーグルト」の種菌を作り、頒布活動を通じで日本に広めました。「カスピ海ヨーグルト」の種菌が現在の「凍結乾燥」という粉末小袋の形態になったのも、日本全国に安全な品質の種菌をお届けするにはどうしたらよいか・・と検討を重ねた末の結果でした。
当初、「カスピ海ヨーグルト手づくり用種菌」はNPO法人「食の安全と健康ネットワーク」を申込み窓口として、フジッコが製造・発送していましたが、スタートから3年後の2005年11月に、粉末種菌の頒布数が100万セットを突破したのをきっかけにフジッコは、2006年4月よりNPO法人「食の安全と健康ネットワーク」から頒布事業を引き継ぎ、申込窓口から発送までをフジッコで行うようになりました。
今では毎年、「カスピ海ヨーグルト」の健康効果に関する研究をフジッコと専門機関で行い、広く皆様へお知らせする活動を続けております。

フジッコのカスピ海ヨーグルト

  • カスピ海ヨーグルトのルーツ、乳酸菌
    • カスピ海ヨーグルトのルーツ
    • カスピ海ヨーグルトの乳酸菌
    • カスピ海ヨーグルトとフジッコ
  • フジッコの通信販売サイト
  • カスピ海ヨーグルトを使ったレシピ
  • カスピ海ヨーグルト 商品ラインナップ
  • カスピ海ヨーグルト ファンメッセージ